前回、ご紹介した「IoT(アイオーティー)」。家電にインターネットを接続して快適なマンションライフを目指そうというもの。「でも実際どこから始めたらいいの?」そんな方におすすめしたいのが、「AI(エーアイ)スピーカー」です。

AIスピーカーとは?

AIと聞くとなんだか難しそうに聞こえますが、インターネットの中には沢山のビッグデータが集約されていて、そのデータを繰り返し使ってパターンを機械学習し、人間のリクエストに応じてアクションするのが「AIスピーカー」もしくは「スマートスピーカー」です。

具体的に紹介すると、Amazonの「Alexa(アレクサ)」や、Googleの「Google Home Mini(グーグルホームミニ)」、LINEの「Clova(クローバ)」などが代表的なAIスピーカーです。値段も5,000円程度から購入できてお安いですよ。

何ができるの?

「普通のスピーカーと何が違うの?」そんな疑問にお答えします。一般的なスピーカーはテレビや音楽機器と接続して曲を流したり、音声をよりダイナミックに聞かせたりと、”音を増長させる”機能がメインです。

AIスピーカーは、インターネットに接続しているため、音を増長させる以外にも情報にアクセスして提供してくれるのが特徴。

例えば、「アレクサ、今日の天気を教えて?」と問いかければ、インターネットの世界から天気予報のデータを探してきて「今日の〇〇地域の天気は晴れです」と、教えてくれます。他にもニュースや株式市況、災害情報、占いなども手軽に得られるので、特に朝の忙しい時間に活躍してくれるでしょう。

テレビやスマートフォンの情報と同じでは?

「スマホで確認するから不要だよ」、そんな方は能動的に利用してみては?週末や日々のスケジュールを登録して、AIスピーカーに予定を教えてもらったり、目覚まし代わりに「アレクサ、〇〇時にアラーム」と伝えれば、手を使わずに設定できるので眠い時にも助かります。

何より、筆者も2020年の自粛中に購入しましたが、テレワークや在宅時間が続く中で、パソコンを操作しながら音声だけで動かせるので、余計な手間がなくなり過ごしやすくなりました。

音楽やラジオを流す

元々の機能である音楽面でも活躍しますよ。YouTube(ユーチューブ)やSpotify(スポティファイ)と接続して音楽やポッドキャストを流したり、radiko(ラジコ)と接続してラジオをかけたり、おうち時間をのんびり過ごすのにおすすめです。

わざわざアーティストや曲名を探さなくても「アレクサ、〇〇な雰囲気の音楽を流して」といえば、気分に応じた楽曲を流してくれるところも便利です。

声で活躍するAIスピーカーを手に入れよう

AIスピーカーの魅力を少しは感じられたでしょうか?平たく言うと”会話できるスピーカー”。「発話」をキッカケに、様々な情報へ手軽にアクセスしたり、料理中や子供の面倒を見て手が離せない時に使えたりと、何気ない小さなストレスから解放されます。「IoT」を使った素敵なマンションライフ、まずはAIスピーカーから始めましょう。


文/こんどう巨神兵

その他おすすめの記事

記事ランキング

  1. 1

    元刑事に聞く!マンション空き巣対策〜その2 空き巣が本当に嫌がる防犯テクニック〜

    2021.03.31 防災・防犯
  2. 2

    知らないと損する!補助金でマンション生活をより快適にする方法 第3回〜断熱リフォーム編その3〜

    2021.07.30 暮らし
  3. 3

    日本とはこんなに違う!? 海外のおもしろマンション事情

    2021.07.21 マンショントリビア
  4. 4

    知ってるようで知らない? マンションの謎 〜その4 マンションの避難器具はどこにある?〜

    2021.05.29 マンショントリビア
  5. 5

    知ってるようで知らない?マンションの謎 〜その5 マンションの換気はどうなっているの?〜

    2021.06.29 マンショントリビア