2021.04.07

本気のおとりよせグルメ第3回 近江牛の旨みが詰まった贅沢コンビーフ

コンビーフの概念が変わる逸品

滋賀県高島市にある大吉商店は、近江牛一筋の専門店。創業は明治29年という老舗です。滋賀の肥沃な大地に広がる自社牧場で、400年以上の歴史をもち日本でもっとも歴史があるといわれる近江牛を大切に育んでいます。

今回お取り寄せしたのは、近江牛を100%使用した「近江牛コンビーフ」(65g 1620円<税込>)です。

使用しているのは、こだわりぬいた近江牛の赤身もも肉。脂肪分が少なく、やわらかな旨みを味わえる特選部位です。やわらかくほぐし、オリジナルのスペシャルスパイスブイヨンでかためています。

ほぐすことで、しっとり感はキープしつつ、口に入れたときにパラパラとフレーク状にほぐれてとろける食感を味わうことができるそう。

ほぐしてオン・ザ・ライス!

冷凍便で届くので、食べる前に自然解凍しましょう。

手のひらサイズのパッケージの中に、近江牛のコンビーフがぎっしり詰まっています。封を開けると、鼻をくすぐるスパイスのほのかな香り。食べるときは、まずお箸やフォークでお肉をほぐしてください。

近江牛の旨みがギュッとつまったコンビーフ。おすすめは炊きたてごはんにオン・ザ・ライス!ひと口めは、そのままで。ごはんの温かさで牛肉の脂がじんわり溶け、上品な甘さが口いっぱいに広がります。

ふた口めは、コンビーフにしょうゆをほんの一滴たらしてみましょう。牛肉の甘みがさらに引き立ち、おいしさ大爆発!もうお箸が止まりません。お好みで卵黄を落としてコンビーフ丼にするのも◎。

ごはんのほかにも、クラッカーやバゲッドにのせてワインのお供にしたり、パスタの具材にもぴったり。また、マヨネーズと和えてパンにはさみ、コンビーフサンドにしてもおいしく召し上がれます。

120年以上の歴史をもつ近江牛専門店ならではの究極のコンビーフ、ぜひおためしあれ!

大吉商店 http://1129.co.jp

「第2回 札幌の新名物!ラム+クミンのモッチモチ餃子」はこちら

「第4回 福岡名物「鰻のせいろ蒸し」の焼きおにぎり」はこちら

photo:岡崎心平(クリエイティブソース) styling:福本美樹(メイプリル)

その他おすすめの記事

記事ランキング

  1. 1

    元刑事に聞く!マンション空き巣対策〜その2 空き巣が本当に嫌がる防犯テクニック〜

    2021.03.31 防災・防犯
  2. 2

    知らないと損する!補助金でマンション生活をより快適にする方法 第3回〜断熱リフォーム編その3〜

    2021.07.30 暮らし
  3. 3

    知ってるようで知らない? マンションの謎 〜その4 マンションの避難器具はどこにある?〜

    2021.05.29 マンショントリビア
  4. 4

    日本とはこんなに違う!? 海外のおもしろマンション事情

    2021.07.21 マンショントリビア
  5. 5

    知ってるようで知らない?マンションの謎 〜その5 マンションの換気はどうなっているの?〜

    2021.06.29 マンショントリビア