2021.07.27

おうちで楽しむクラフトビール[国産編]第2回 エールの基本、「ペールエール」のおすすめ

前回は、発酵形態によって、ビールは「ラガー」(下面発酵)と「エール」(上面発酵)、大きく2種類に分けられるという話をしました。そこで、クラフトビールの扉を開けるには、これまであまり馴染みがないかもしれない「エール」を飲んでみよう!という話も。

そこで、今回紹介するのは「ペールエール」とその楽しみ方。「エール」という大きなカテゴリーの中でも、最も基本的なというか、プレーンなスタイルのビールがペールエールです。

ペールエールって?

「ペールエール」というのは、そもそもイギリス発祥の中濃色(銅色)のビール。18世紀にイギリス中央部の町、バートン・オン・トレントで生まれたと言われています。ペールエールの“ペール”は薄いという意味ですが、それはそれ以前に人気があった「スタウト」など黒色系のビールに比べて薄いということ。濃いめの紅茶色をイメージすると近いかもしれません。

味わいの特徴は、フルーティで香り高いアロマとホップの爽やかな苦味、飲み応えのあるコクもあります。イギリス産ポップは刈草やアイスティのような香りを生むと言われています。(イングリッシュ・ペールエール)

それに対して、アメリカ産のホップを使ったものは「アメリカン・ペールエール」とも呼ばれます。こちらは、グレープフルーツやマスカットなど柑橘系の香りがするのが特徴と言われます。

ブラウンエール、アンバーエール、ゴールデンエール!?

「ペールエール」を飲んだら、ぜひ飲み比べてみるといいのが「ブラウンエール」や「アンバーエール」「ゴールデンエール」です。いずれもペールエールから派生したスタイルと言えますが、色合いの濃さや風味のバランスが違います。自分の好みを探る上でもいいですし、比べることでどんなところに味わいの違いが出るのかもわかります。

「ブラウンエール」は、もともとペールエールに対抗して、イギリス北部のニューキャッスルで誕生。ポップの印象が強い前者に対してモルトの風味を前面に出している特徴があります。色合いは赤みがかった茶色で、ローストした麦芽風味も。

「アンバーエール」は、その名の通り琥珀色で、ペールエールよりやや濃い色合いです。アメリカン・ペールエールから派生して、それよりも少し苦味が強く、アメリカンポップの香りがよりしっかり。モルトを焦がしたカラメルの香ばしい香りも感じられます。

「ゴールデンエール」は、色合いは逆にペールエールよりやや薄く、名前の通りゴールド寄り。ペールエールがコクを感じさせるのに比べると、味わいはスッキリめで後口はドライです。ラガー寄りともいえるでしょう。

飲み比べがおすすめのブルワリー3選

お待たせしました。おすすめのペールエールとともに、上記したような飲み比べができるブルワリー(醸造所)とその3本を紹介いたします。いずれもぜひ知っておきたい定評のあるブルワリー。そのブルワリーならではの個性的な1本も入っています。

①ベアードビール

ブライアン・ベアード氏と妻のさゆりさんが2000年に沼津でスタート。現在は静岡・修善寺に自然豊かな農園型ブルワリーを展開しています。目指すビールのイメージは「バランス+複雑さ=個性」。使うのは100%生ホップ。色、味、香り。個性的で複雑ながら飲み飽きないバランスが魅力的です。

  • ライジングサン ペールエール

スタイル:ペールエール/アルコール度数:5.0%/540円前後(330㎖)

生ホップを贅沢に使ったアメリカ西海岸発祥のスタイル。柑橘系の生き生きしたホップの香りが、口の中で心地いいフルーツのフレーバーに。後口はすっきり爽快です。

  • アングリーボーイ ブラウンエール

スタイル:ブラウンエール/アルコール度数:7.0%/540円前後(330㎖)

「モルトの一瞬の甘さと優しさが、フレーバーの複雑さと苦味、そして、アングリーなエッジを隠している」(HPより)。口に含んだときは甘く、それでいてやや高めのアルコールと後半の苦味がその名の通り怒った少年のような味わい!

  • わびさびジャパンペールエール

スタイル:ペールエール/アルコール度数:6.0%/540円前後(330㎖)

日本特有の原材料であり、地元産のワサビと緑茶、数種類のホップを組み合わせて使用。ペールエールとIPA、日本という要素を組み合わせたユニークなビールです。フレーバーは大胆で力強くも、簡素で澄んだ趣き。

②常陸野ネストビール

常陸野ネストビールは、茨城県那珂市の老舗・木内酒造のブランドで、1996年の発売以来、国内外の数々のビアコンテストで受賞。世界でも最も売れている日本のクラフトビール としても知られています。原材料を厳選したていねいな造りで、独自の味わいを確立しています。

  • ペールエール

スタイル:ペールエール/アルコール度数:5.5%/418円(330㎖)

本場英国産のモルト、ホップをふんだんに使い、上質なアロマホップ華やかな香りが特徴的。麦芽の芳醇な旨みも感じられ、苦味とのバランスも絶妙で、輝きのある色合いも美しいエールです。

  • アンバーエール

スタイル:アンバーエール/アルコール度数:6.0%/418円(330㎖)

色合いは赤褐色。高温焙煎による麦芽の香ばしさと甘み、アロマホップの香りと苦味のバランスが絶妙で、コクのある印象深い味わいが堪能できます。フルーティで爽やかな香りとホップの持つ苦味、旨みのバランスを楽しめます。

  • だいだいエール

スタイル:インディアンペールエール(IPA)/アルコール度数:6.0%/418円(330㎖)

日本原種のみかんと言われる、筑波山の麓、八郷産の「福来みかん」と、その香りを引き立たせるオレンジ風味のアロマホップを使用。

③サンクトガーレン

日本で地ビールが解禁になる以前にアメリカのサンフランシスコでクラフトビールに出会って惚れ込み、ビールづくりをスタート。最初はそれを日本に逆輸入していたブルワリー(現在は神奈川県厚木市)。ひと口目のインパクトより、もう一杯飲みたくなるスムーズな味わいを大切にしています。

  • ペールエール

スタイル:ペールエール/アルコール度数:5.5%/458円前後(330㎖)

サンクトガーレンの定番の中でも最も親しみやすい味わい。柑橘系アロマホップの華やかな香りと深いコクと苦味が、芳醇な味わいを感じさせてくれます。

  • アンバーエール

スタイル:アンバーエール/アルコール度数:5.5%/458円前後(330㎖)

ちょっと赤みがかった深みのあるブラウン色。軽く焦がしたカラメルモルトの香ばしさと風味を生かし、それを引き締めるようにポップの苦味が効いた本格派。飲み飽きない旨さです。

  • ゴールデンエール

スタイル:ゴールデンエール/アルコール度数:5.0%/458円前後(330㎖)

サンクトガーレンの原点でもあるロングセラービール。透き通る淡いゴールド色で繊細な味わいながら、シンプルな味わいの中にホップの魅力が凝縮。飲み進めるほどに軽快な苦味やコクも感じられ、さらに飲みたくなります。

※価格は実勢価格(参考価格)です。

※各ブルワリーのHPまたは下記のオンラインショップなどから購入できます。

ベアードビール https://bairdbeer.com/ja/

常陸野ネストビール https://hitachino.cc

サンクトガーレン https://www.sanktgallenbrewery.com

goodbeer.jp https://goodbeer.jp

CRAFT BEERS.jp https://www.craftbeers.jp/index.php

「おうちで楽しむクラフトビール [国産編] 第1回」はこちら

「おうちで楽しむクラフトビール [国産編] 第3回」はこちら

※クラフトビールと一緒に楽しめるかんたんで美味しいおつまみレシピはこちら↓

カンタン!おうちで楽しむおつまみレシピ 第1回 「さば缶」でおつまみ!①

カンタン!おうちで楽しむおつまみレシピ 第2回 「さば缶」でおつまみ!②

カンタン!おうちで楽しむおつまみレシピ 第3回「コンビーフ缶」でおつまみ!①

カンタン!おうちで楽しむおつまみレシピ 第4回「コンビーフ缶」でおつまみ!②

カンタン!おうちで楽しむおつまみレシピ 第5回「グルメ缶」でおつまみ!①

カンタン!おうちで楽しむおつまみレシピ 第6回「グルメ缶」でおつまみ!②

Text:池田一郎(pampero)

その他おすすめの記事

記事ランキング

  1. 1

    マンション歳事記 重陽の節句編 和洋折衷、キク科の花を使ったフラワーアレンジメント

    2021.09.15 暮らし
  2. 2

    マンションの音はこうして伝わる! <1>壁・床の仕組みを知ろう

    2021.08.04 マンショントリビア
  3. 3

    ペットと暮らすマンションライフ 第3回〜ペット飼育の細かい決まりは「管理規約」にあり!〜

    2021.06.21 困ったときに
  4. 4

    知ってるようで知らない? マンションの謎 〜その1 管理人さん〜

    2021.04.16 マンショントリビア
  5. 5

    【IT×家電】ニトリやイケアでも購入できる便利なスマート照明とは?4回目

    2021.06.28 アツマロトピックス